反射シートで防犯ブッツが作れます

反射シートは日中はそんなに目立ちませんが、夜間になると車のヘッドライトなどが当たることによって発光します。
そのため、道路標識や案内看板などに使われています。
最近は、靴にも使われていて、夜間にランニングをする人たちは反射シートが付いているものをはいて行っていることがおおいです。
もちろん、一般の人も購入ができ、自分で防犯グッツを作ることができます。
よくあるのが、腕などに巻くタイプです。
シートを好きな形に切ってカバンに張り付けたり、シールタイプになっているものもあり簡単に作ることができます。
そして、カラーも豊富で、赤や青や黄色などがあります。
赤は日中でも目立ち、黄色は夜間になるとはっきりと見えるようになりより目立たせることできます。
そして、インクジェットプリントもできるタイプがあり、それにすることによってより自由にデザインをして作ることができます。
反射シートは防犯グッツとして使いやすくメリットがあります。

Copyright©反射シート All Rights Reserved.

反射シート